【ザ ルイガンズ. 福岡】ホテル・レストランウエディングのブライダル・結婚式・結婚式場をご紹介

【ザ ルイガンズ. 福岡】結婚式場&ブライダルフェア|プラン ドゥ シーウェディングで結婚式

ザ・ルイガンズ. スタッフブログ

2010年03月

イルカ挙式について。

みなさま、こんにちは。

THE LUIGANS(ザ・ルイガンズ)やましなです。

 

 

 

 

今回は西日本ではルイガンズのみご案内できる、

イルカ挙式についてです。

 

 

 

 

 

 

今週末の新郎新婦様がイルカの挙式を

 

されるんですが・・・ストーリーがとても素敵です。

 

 

 

 

新郎さまの仕事は航海士、

日本にいるのが年間で4ヶ月とかしかないんです。

 

 

 

 

そしていつもいるかの近くで仕事なので、

挙式もイルカに見守られながら行いたいとの希望で

イルカ挙式になりました。

 

 

 

イルカ挙式・・

 

 

 

みなさまどんなかんじか気になりませんか?

 

 

 

ルイガンズでは実際にはご覧いただけませんが、

映像にて、イルカ挙式の映像をご覧いただけます。

 

 

 

 

 

ご列席の方の思い出に残ること間違いなし!!!

 

 

 

 

ぜひ、一度、ルイガンズへお越しになって、

イルカ挙式について、問い合わせてください。

 

 

 

一生に一度だけ、イルカくんたちがお二人のために

飛びます!

 

神戸のオリエンタルホテル復活!

みなさま、こんばんわ。

THE LUIGANS(ザ・ルイガンズ)やましなです。

 

 

 

 

さて、本日は、私たちの系列の店である

神戸の旧居留地に立てられた神戸のあたらしいシンボルといわれる

オリエンタルホテルのOPEN!についてです!

 

 

 

 

1995年の阪神淡路大震災のときにオリエンタルホテルがなくなってから・・

早くも15年がたちました。

 

 

 

15年ぶりに、オリエンタルホテルという歴史ある、

名前を引き継ぎ、わたしたちが新たに開業、

お手伝いさせていただくことになりました!

 

 

 

 

 

わたしたちが手がける建物はいつもそこにしかない、

オンリーワンな存在です。

 

 

 

 

オリエンタルホテルも遥か昔の1870年・・

 

 

 

 

はじめはオランダ人によって立てられたホテルでした。

 

 

 

 

その後神戸のシンボルとして、君臨し

谷崎潤一郎の名作「細雪」にも登場したり・・

マリリン・モンローが宿泊したり・・

 

 

 

 

料理も創業当時から評判でもあり、

ヘレン・ケラーは

「今まで食べた料理の中で一番おいしい」

と述懐しています。

 

 

 

その伝統を引き継ぎ・・

さらにまた新しい歴史を刻むのが

私たちのオリエンタルホテルです!!

 

 

 

 

私たちが提携している建物には、

すべてに歴史・想いがあります。

 

 

 

 

こだわっているのは、見た目だけのものではなく、

その土地や、建物の歴史、

そこにしかないオンリーワンな存在のもの。

 

 

 

 

 

 

 

ルイガンズはわたしたちの店舗の中でも

唯一無二のロケーションを持っています。

 

 

 

結婚式をされるお二人にとっては

最高のロケーション。

 

 

 

みなさま、ぜひ、ルイガンズに一度でいいので、

お越しください!!

 

 

そしてぜひ、感じてみてください。

きっとお二人のおもてなしがゲストに伝わる最高の場所だと

感じていただけるのではないでしょうか?

 

 

 

 

皆様のご来館、心よりお待ちしております。

 

サムシングフォー♪

みなさま、こんばんわ。

THE LUIGANS(ザ・ルイガンズ)やましなです。

 

 

みなさま、サムシングフォーって知っていますか?

結婚式で人から4つ物をかりることで幸せになるという

言い伝えがあるんです。

 

 

以下抜粋です・・

サムシング・フォー (Something Four)

結婚式における、欧米の慣習。

結婚式で花嫁が以下の4つのものを身につけると幸せになれるというもの。

●なにかひとつ古いもの (Something Old)
祖先、伝統などをあらわす。先祖代々伝わった、
あるいは家族から譲られた宝飾品を当てるのが
一般的だが母や祖母の結婚衣裳、
または結婚衣裳に使われたヴェールやレース、
リボンなどの飾りなどを使用することもある。
●なにかひとつ新しいもの (Something New)
これから始まる新生活をあらわす。
新調したものなら何でも良いが一般的には白いものを用意する。
花嫁衣裳の一部である白いサテン製の上靴や
長手袋などをこれに当てることが多い。
●なにかひとつ借りたもの (Something Borrowed)
友人や隣人との縁をあらわす。
幸せな結婚生活を送っている友人や隣人から
持ち物を借りることにより、その幸せにあやかる。
ハンカチやアクセサリーを借りるのが一般的である。  

●なにかひとつ青いもの (Something Blue)

       聖母マリアのシンボルカラーである青、

つまり純潔をあらわす。
このサムシング・ブルーは目立たない場所に
つけるのが良いとされており、
白いガーターに青いリボン飾りを
つけたものを用意するのが一般的である。

 

 

わたしが今日、打ち合わせした新郎新婦さんに

この話をしたら、最後の手紙のときに、最後の4つ目として

新郎から新婦へ新しいハンカチを渡そうということになりました!

 

 

 

 

想像しただけでも、とっても素敵!

 

手紙前の演出としては、とても素敵だとおもいます!

 

 

 

わたしたちは担当プランナーがお二人らしさを引き出して、

自然とオリジナルな結婚式になるので、

はじめは、何も思いつかない!

 

そんな方でもまったく問題はございませんので、

ご安心くださいね!

わたしたちウェディングプランナーはそのために

いるのですから♪

ブーケの想い。

みなさま、こんばんわ。

THE LUIGANS(ザ・ルイガンズ)やましなです。

 

 

 

先日のパーティーのゲストの方で、

ブーケをお母様・お父様に作ってもらったという

ご新婦様がいらっしゃいました。

 

 

 

最終の確認とお荷物の搬入にいらっしゃった

新婦さんと新婦様のお母様。

 

 

 

お母様から渡されたブーケ。

「このブーケわたしと主人がつくったんです。

ここ、お父さんがさしてくれたんですよ。」

 

 

うれしそうに、お母様がわたしに手渡してくれたブーケは

真っ白いバラでできた

とても素敵なブーケでした。

 ※ごめんなさい。写真はイメージになります。

 

わたしたちは、手作りなものは持ち込み料なしで

お持込できるようになっていて、

(食材・卓上装花などは衛生上持ち込み不可)

 

 

 

ときどきとても素敵なストーリーのある

手作りものを知ることになります。

 

 

 

そんな時、

やっぱり結婚式は幸せ・愛・喜び・感謝、どれとっても

かけることのない、素敵な日なんだとつくづく思います。

 

 

みなさまもお時間の許す限り、

素敵な想いのこもった手作りものに挑戦してみませんか?

きっと素敵なオンリーワンなものになりますよ。